歯のセンサーで食習慣を管理

IoTセキュリティニュース

20180321ToothSensor.png

歯に付けて使用する、革新的で目に見えないほど小さなセンサーが、私たちが食べたり飲んだりするものすべてを監視し、アルコール、ナトリウム、ぶどう糖などのデータをスマートフォンに直接送信して分析します。

これはタフツ大学工学系研究科の研究員によって作成され、健康や臨床研究における驚異的な発見であり、複数の欠陥や制限があった従来の医療用ウェアラブルよりも優れています。現在のセンサーは2mm x 2mmで、柔軟性があり歯の表面に合わせやすく、摂取した栄養素によって色が変化します。センサーは3つの異なる層で構成され、化学物質を吸収し、データを収集し、その後無線周波数システムで電波を送信します。

健康と食習慣の強い関連性について、より良い洞察を得ることを目的としているため、より広い範囲の栄養素、化学物質、さらには心理状態を正確に検出するために、研究チームはセンサーをアップグレードしたいと考えています。

「理論的には、これらのセンサーの生態反応層を、他の化学物質をターゲットとするように修正することができます。私たちを制限するのは我々の創造性のみです」とフィフス・オメネット博士は述べています。 「一般的なRFID(radio frequency ID)技術を、歯に付着させるか、皮膚か、または他の表面かは関係なく、その環境に関する情報を動的に読み取り、送信することができるセンサーパッケージに拡張しました。」

人々は何をどのくらい食べているのかを常に意識しているわけではなく、分析されたデータのおかげで人命を救うことにつながる可能性があるため、食物摂取量の正確な管理は、医療用ウェアラブルおよび予防医学の分野において大きな進歩を表しています。しかし、これらのセンサーは、収集する個人情報の量が膨大であり、データを第三者や盗難からどのように守るか、または広告目的で販売されていないか、明確な洞察が不足しているため、個人情報保護の問題を引き起こす可能性があります。