家電製品があなたの好みに合わせて動く時代に

IoTセキュリティニュース

kitchen-2010318_1920.jpg

家電製品の世界に変化が訪れ、人工知能が一般消費者向け製品に導入されたことでさらに変化し続けています。 家庭用の電化製品は、お互いに話し合い、タスクを予測し、パフォーマンスを最適化するために設定を調整し、最終的に持ち主の快適性を高めてくれます。 今年のCESでは、家事がつまらない作業ではなくなるように設計された、新しい領域の家庭用製品が発表されました。

家電製品がWi-Fiに接続できるようになったことが昨年の傾向でした。2018年には、家の中と外の両方から制御できる、シームレスなエコシステムでつながる製品を提供することが目的となっています。家電には、あなたの行動や好みに基づいてサービスを最適化するための人工知能が備わっています。各製品は、状況に応じたニーズを満たすために互いに通信します。

洗濯機はもはや独立して動くのではなく、乾燥機と連動します。冷蔵庫にはタッチ画面が付いていて、その日のスケジュール表示や、保存している食品と有効期限の一覧表示、料理のレシピ検索を行うことができます。家族の食の好みや食事制限もあらゆる段階で考慮してくれます。オーブンを適切な温度に予熱し、スイッチを切るタイミングで通知することもできます。

グーグル アシスタント、アマゾンのアレクサ、またはメーカー独自のアシスタントなど、あらゆる種類の家電製品は、タッチ画面でコントロールできる機能を備え、音声での制御をサポートしています。デジタルヘルパーは、電子レンジ電球空調シャワー煙探知器電気スイッチ目覚まし時計、さらには鏡にまで、ほとんどの家庭用ツールに組み込まれています。

技術が向上している通常の家電のほかに、ガシェットの中には家庭で一般的になりつつあるものもあります。今年のCESではあらゆる種類のロボットが紹介されました。LGが設計したおもてなしサービス提供をコンセプトにしたロボットに始まり、食事を用意したり掃除をしてくれる家族向けのタイプもあります。

メーカーは子供のために本を読んだりペットの役割を果たしたり、単に友人やかわいい仲間となることができるロボットも考案しました。

家は一見すると中のもの全てとコミュニケーションできるインテリジェント空間に進化しました。保護する機器の"IQ"レベルにマッチし、ファミリーネットワークの外でも安全な状態を保つソリューションを選ぶことが大切です。Bitdefender BOXは、スマートホーム向けに設計されており、オペレーティングシステムやハードウェアの仕様に関係なく、インターネットに接続されたすべての製品を安全に保ちます。