【Bitdefender海外ブログ】アンドロイド端末が攻撃の対象に:偽アプリとSMSからデータを盗むマルウェアに誘導

IoTセキュリティニュース

Google-Issues-Fix-for-Critical-Remote-Code-Execution-Flaw-in-Android-System.jpg

カスペルスキーフリーアンチウイルスやVLCメディアプレイヤーの偽アプリに注意

アンドロイド端末に感染し、データを盗む新しい攻撃が流行しているとBitdefenderの研究者が警告しています。

最新のBitdefenderラボの調査によると、よく使われているアプリがなりすましの被害に遭っていて、Teabotというマルウェアが添付されています。サイバー攻撃者は、ユーザーを巧みに誘導し、公式ストア以外からこのようなアプリをインストールさせています。アプリをダウンロードした端末にセキュリティソフトが入っていなければ、マルウェアは端末内で自由に動くことができてしまいます。

詳しくはこちら アンドロイド端末が攻撃の対象に:偽アプリとSMSからデータを盗むマルウェアに誘導