【Bitdefender海外ブログ】コインベースユーザーの暗号化ウォレットを狙った新たなフィッシングキャンペーンが発生

IoTセキュリティニュース

Malicious-Actors-Target-Crypto-Wallets-of-Coinbase-Users-in-New-Phishing-Campaign-990x678.jpg

偽ログイン画面に注意!日本のコインベースユーザーも標的に

Bitdefender Antispam Labは、サイバー犯罪者がコインベースプラットフォームのユーザーを対象に、アカウントの認証情報を盗み、暗号通貨ウォレットを不正に流出させようとするフィッシングキャンペーンを行っていると明らかにしました。

最新のテレメトリによると、フィッシングキャンペーンは2月中旬から確認されており、25,000人を超えるユーザーを標的にしています。 不正な通信の69%はインドから、13.73%はブラジルから、10%は米国から、2.33%は日本から発信されていました。

詳しくはこちら コインベースユーザーの暗号化ウォレットを狙った新たなフィッシングキャンペーンが発生