検査サイトで「サイバーパンデミック」に備えをーー新型コロナウイルス対応に学ぶIoTセキュリティ対策(その1)

IoTセキュリティニュース

2020_yoshioka02.jpg

2020年は新型コロナウイルスの世界的な感染によって、日常生活も、社会生活も一変した一年となった。一言では言い表せないほど多くの犠牲があったが、この困難に立ち向かおうとする数々の努力も重ねられており、PCR検査体制の拡充やワクチン配布といった対策も進みつつある。

以前からわれわれに影響を与えてきたサイバー攻撃、特に身近なIoT機器を狙ったサイバー攻撃への対策を考える上で、新型コロナウイルス対策から学ぶことはできないだろうか。横浜国立大学大学院環境情報研究院/先端科学高等研究院准教授の吉岡克成准教授は、今一つのアイデアを考えているという。2020年のIoTセキュリティ動向を振り返るとともに、今後に向けた新しい取り組みについて伺った。

詳しくはこちら 検査サイトで「サイバーパンデミック」に備えをーー新型コロナウイルス対応に学ぶIoTセキュリティ対策(その1)