【Bitdefender海外ブログ】シンガポールで家庭用防犯カメラがハッキング、盗まれた映像はアダルトサイトで販売

IoTセキュリティニュース

ip-cam_201210.jpeg

セキュリティ対策のない家庭用防犯カメラがハイジャックに

現在、シンガポールの家庭では家中にIPカメラを設置することは決して珍しいことではありません。

当然、ネット接続したカメラを自宅のいたるところに設置する人が増えれば増えるほど、時流に乗ってリビングルーム、キッチン、寝室、場合によっては、さらにプライベートなエリアが覗けるようにカメラを設置しなければ、怪訝に思われかねない風潮になっています。

悪意のある知り合いなどから自宅にカメラを取り付けるよう勧められたわけではありません、時間が経つにつれて、カメラだらけの日常になってしまったのです。シンガポールでは、家中にカメラを設置することが財産を守り、その家の子供、家政婦・使用人、世話が必要な親族やペットを監視する便利な方法だと信じ、実践する人が増えていったのです。

しかし、ここにきてそれが本当に賢明な策だったのかどうか、考え直す家主もいるようです。

詳しくはこちら シンガポールで家庭用防犯カメラがハッキング、盗まれた映像はアダルトサイトで販売