2020年上半期におけるIoT(モノのインターネット)に対する脅威

IoTセキュリティニュース

AdobeStock_168358586.jpeg

コロナ禍でもIoTは拡大

デジタルの世界は、目に見える形でも、見えない形でも、IoTデバイスで埋め尽くされています。新型コロナウイルスのパンデミックによって経済が影響を受け、イノベーションや製品開発の減速が避けられない状況となりました。しかしこの状況下でも、IoTの広がりは2021年には二桁成長に戻ると予想されており、2025年までに416億個に達する見込みです。

成長が期待されると同時に、IoTの世界のセキュリティも重大な懸念となっています。IoTは消費者向けと産業向けの両方で、私たちの生活に驚くべき機能をもたらしています。しかしこのようなテクノロジーは、メーカーサポートの欠如から一度に数十億のデバイスに影響を与える脆弱性に至るまで、多くのセキュリティ問題をかかえています。

詳しくはこちら 2020年上半期におけるIoT(モノのインターネット)に対する脅威