【Bitdefender海外ブログ】スマート監視カメラのお粗末な実態がセキュリティ調査で発覚

IoTセキュリティニュース

lukas-ter-poorten-paAJDCYNq-0-unsplash.jpg
お掃除ロボットの意外なセキュリティリスクとは?

セキュリティ調査により、ある意外なものに複数の脆弱性があることが分かりました。それは、カメラ搭載のお掃除ロボットです。ある攻撃ベクトルを使うことで、このカメラのライブ映像をハッキングできてしまうのです。

ルーターのような一般的なものからスマートスピーカーのような先進的なものまで、あらゆる魅力的なデバイスで、モノのインターネット(IoT)が実装されています。しかし中には、本当に機能するのか、あるいは便利なのか疑わしいような、さまざまな機能を備えるデバイスがあります。

例えば今回脆弱性が明らかになった製品の一つ、「Ironpie M6」はスマートお掃除ロボットです。このロボットのどんな機能でIoTインテグレーションが活用されるのかイメージできない、というのがごく一般的な反応でしょう。実は、このお掃除ロボットにはカメラが搭載されているのです。掃除が完了すると、Ironpie M6は自動で部屋の隅に移動し、監視カメラとなります。

詳しくはこちら スマート監視カメラのお粗末な実態がセキュリティ調査で発覚