NICTER観測レポート2019から見えてきたIoTを取り巻く脅威の動向 ~約30秒に1回は攻撃関連パケットが届く時代、私たちが検討すべき対策は~

IoTセキュリティニュース

AdobeStock_103743800.jpegデフォルトのパスワードのまま、あるいは脆弱な設定のままインターネットに接続されているIoT機器が「Mirai」をはじめとするマルウェアに感染し、DDoS攻撃の踏み台として悪用されているーーそんなIoT機器のセキュリティ問題が注目されるようになって数年が経ちました。

ユーザー、通信事業者、そしてメーカーともに問題意識は徐々に高まっており、対策も始まっていますが、脅威の実情はどうでしょうか。

長年にわたりインターネット上の攻撃関連パケットを観測している情報通信研究機構(NICT)が2020年2月10日に公表した「NICTER観測レポート2019」によると、サイバー攻撃に関連する通信は2018年に比べて約1.5倍に増加したことが明らかになりました。中でも著しく増加したのは、直接機器を攻撃するパケットよりも、海外からの調査目的のスキャン活動です。

詳しくはこちら NICTER観測レポート2019から見えてきたIoTを取り巻く脅威の動向 ~約30秒に1回は攻撃関連パケットが届く時代、私たちが検討すべき対策は~