【レビュー】PCもスマホもゲームもスマートスピーカーも! 自宅のネット機器すべてをまとめて守る「SECURIE」

IoTセキュリティニュース

box_id1_b.jpg

インターネットの普及により、家庭内で使う機器もインターネットにつながるものが増えている。パソコンやスマートフォンはもちろん、ゲーム機もインターネットに接続する機能を標準で搭載。最近では声で家電を操作できる「スマートスピーカー」や、Wi-Fiでコントロールできる照明、テレビ、エアコンなど、インターネット接続を前提とした「IoT」機器も普及が進んでいる。

インターネットに接続する機器が増えることは生活が便利になる一方で、セキュリティ面では危険も増すことになる。世界につながることができるインターネットは、逆に世界中から自宅につながることもできるため、悪意を持った第三者に自宅を狙われる可能性もあるからだ。

パソコンの世界では、こうした悪意あるソフトをいち早く検知するアンチウイルスソフト、第三者からの不正アクセスを防ぐファイアウォールという仕組みが確立されている。また、スマートフォンの普及に伴い、スマートフォン向けのセキュリティソフトもセキュリティベンダー各社から販売されている。

しかし、業務用パソコンであればともかく、自宅のパソコンや家族のスマートフォンすべてにインストールするのは費用もかかる。また、IoT機器はこうしたセキュリティソフトという仕組みが現状のところ用意されていない。

情報通信研究機構(NICT)の調査によれば、日本へのサイバー攻撃は1日数億回を超えており、その半数以上はパソコンやスマートフォンではないIoT機器だという。Webカメラが乗っ取られて自宅をのぞき見られた、自宅や企業のルーターにサイバー攻撃を受けたといった被害のニュースを見たことがある人もいると思うが、こうしたIoT機器はセキュリティ対策ソフトがないために悪意ある第三者のハッキング対象となっているのだ。

詳しくはこちら PCもスマホもゲームもスマートスピーカーも! 自宅のネット機器すべてをまとめて守る「SECURIE」