サイバーセキュリティの基礎知識:ルートキットについて(R)

IoTセキュリティニュース

rootkit-fb-en-990x496.png

ルートキットは、現在市場に存在するマルウェアの中でも最も洗練された種類のものです。セキュリティソリューション側は、何年もの間ルートキットの検知や駆除に悩まされています。その主な理由は、ルートキットがOSの奥深くに侵入し、マルウェア対策ソリューションやOSそのものからも、その存在を隠すことができるからです。

ルートキットは、「ルート」(UnixのOSで最も特権的なユーザー)と、「キット」(ルートキットを構成する一連のソフトウェアツール)を組み合わせた言葉です。90年代初期から、SunやLinuxが主な標的でしたが、新しいOSの登場と共に、1999年にはWindows用、2009年にはMac用のルートキットが開発されました。

詳しくはこちら サイバーセキュリティの基礎知識:ルートキットについて(R)