【Bitdefender海外ブログ】FDA、未知数の医療機器に影響を及ぼす脆弱性について警告

IoTセキュリティニュース

aerial-view-3292550_1920.jpg

医療機器で発見された脆弱性。しかし攻撃による影響の大きさは判断できず

米国食品医薬品局(FDA)は、患者、ヘルスケア専門家、ITスタッフ、メーカーに対して、医療機器の機能が変更され、攻撃に悪用される可能性のある一連の脆弱性「URGENT/11」について警告を促しました。

ハッカーによる銀行口座情報の窃盗や、ユーザー名とパスワードが保存されているデータベースへの侵害も重大な問題ですが、ハッカーがインスリンポンプでの注入を停止したり、ペースメーカーを操作できてしまうと全く別次元のリスクに発展します。

詳しくはこちら FDA、未知数の医療機器に影響を及ぼす脆弱性について警告