【Bitdefender海外ブログ】Ring社の監視カメラをハッキングされた2組の家族がAmazonを提訴

IoTセキュリティニュース

Capture_200210.jpg

Ringカメラのセキュリティ機能が弱かったことがハッキングの原因と主張


Ring社の監視カメラをハッキングされた2組の家族が、損害賠償を求めてAmazonの子会社である同社を相手に集団訴訟を起こしました。

Ring社の監視カメラは、その汎用性の高さから、米国では特に人気があります。外出中の自宅や、別室の子供やペットを監視できるだけでなく、あるプロモーション動画に描かれているように、空き巣の抑制にも一役買っています。しかし、このようなメリットを謳ってはいますが、脆弱なパスワードや侵害された認証情報を使用したり、多要素認証を無効のままにしておくと、ハッキングされやすい製品でもあります。

詳しくはこちら Ring社の監視カメラをハッキングされた2組の家族がAmazonを提訴