【Bitdefender海外ブログ】フィッシング攻撃で64万5,000人の個人保健データが危険にさらされていると警告

IoTセキュリティニュース

oregon-dhs.jpeg

電子メールへのアクセス権がハッカーに渡り、機密情報が侵害される

オレゴン州社会福祉省(DHS)の職員数名がハッカーに欺かれ、数百万通もの電子メールへのアクセス権を付与してしまった結果、60万人を超えるユーザー個人情報がリスクにさらされているとの発表がありました。

DHSによると、2019年1月8日、9名の職員が、正式な政府通達を称した電子メールに含まれていたリンクを誤ってクリックしてしまい、当該事件の発生に至ったとのことです。

詳しくはこちら フィッシング攻撃で64万5,000人の個人保健データが危険にさらされていると警告