【Bitdefender海外ブログ】ITサービスプロバイダーが身代金の支払いを拒み、ハッカーは盗んだデータをオンラインで公開

IoTセキュリティニュース

hacker-2300772_1280-990x659.jpg

標的型サイバー攻撃により顧客の情報が流出

マルチベンダーサービスプロバイダーCityCompは、顧客データの漏えいにつながる侵害に悩まされていました。このドイツ企業の顧客には、オラクル、フォルクスワーゲン、エアバスなどの大企業が名前を連ねています。

CityCompは2019年4月、公式ウェブサイトに声明を投稿し「標的型サイバー攻撃」の被害にあったことを認めました。CityCompはハッカーからの攻撃を回避しましたが、顧客データが流出してしまいました。

詳しくはこちら ITサービスプロバイダーが身代金の支払いを拒み、ハッカーは盗んだデータをオンラインで公開