サイバーブリイング(インターネット上でのいじめ)とは?

セキュリティHotニュース

woman-2696408_1280.jpg

10代の子供たちは、特に高校時代に、重要な生活の変化を経験し、時には戸惑うこともあります。サイバーブリイング(インターネット上のいじめ)は、しばしばそれらの変化に伴う不安定さを悪用して、感情的にさらに悪化します。インターネット上のいじめは、名前や顔などを隠すことができ、彼らの行動に対して常に責任を負うとは限らないため、自分がより強くなったと感じて実生活よりも残酷になることがあります。

Bitdefenderの調査によると、米国の10代の生徒の中で、10人中3人が、インターネット上で少なくとも1回はいじめや嫌がらせを受けていたと答えました。非難の対象となったのは、外見(57%)、意見(44%)、性格(30%)、服装(27%)、関心と情熱を持っているもの(24%)、性的指向 (17%)、国籍(15%)、家族(13%)、学校の成績(11%)、経済状況(8%)、宗教(6%)でした。

サイバーブリイングには複数の形式がありますが、以下が一般的なシナリオです:

排除:すべての社会活動や関係者だけでなく、オンラインでの会話やグループからもターゲットにした子どもを排除すること。彼らは存在しないかのように扱われるため、自分は外部者で友人に受け入れられていないと感じてしまいます。

誹謗中傷:多くの場合、サイバーブリイングで一番の目的となるものです。噂やゴシップを広めることによって、いじめの加害者は被害者の評判を悪化させ、自尊心を傷つけようとします。

嫌がらせ:自尊心を破壊するために乱暴で、屈辱的または罵倒するようなメッセージを絶えず子どもたちに送ることによって行われます。

暴露:特に性的指向に関して、ソーシャルネットワーク、ウェブページまたはディスカッショングループで、いじめの加害者がプライベートな会話、写真、ビデオ、または日記の内容を共有します。暴露は、フィッシング詐欺と密接につながっていて、後で自分や家族が情報を共有するように子どもたちを仕向けます。

メール:メールでの脅しと写真をばら撒く行為は、時には自殺につながる最も攻撃的なやり方です。メールとテキストは、殺人の脅しを含む様々な種類の露骨な脅迫文を送信して、加害者の要求に応じるよう子どもを脅かすためによく使用されます。メールは、子どもの個人的な会話やグラフィック写真、ビデオを公に共有するためにも使用されます。

キャットフィッシングまたはなりすまし:偽のメール、ソーシャルネットワークアカウント、テキストを使ったなりすましは、誤った情報を広め、子どもを侮辱するために乱暴で困惑させるコメントをするために使用される別の方法です。

信頼を失う恐れがあるため、自分の子どものオンラインでの行動を逐次監視することは簡単ではないですし、おすすめできることでもありません。ソーシャルネットワークとオンライングループはまったく新しい世界を開きましたが、魅力的であると同時に危険です。予防を行うことが最善策です。ソーシャルメディアへの関心を示す前にオンラインでのリスクについて話しておくことが、オンラインでの行動を理解するのに役立ちます。